<ハワイコナ&ハワイカウの業務用生豆/焙煎豆をご検討のお客様へ>                    『お問合せ』よりメールにてご連絡いただければ、価格表をお送りいたします。

'17-'18シーズンのハワイコナ・ニュークロップが入荷しました!

今シーズンのハワイコナはCBB(病害虫)の影響は残るものの、ハワイ州農務省やハワイコーヒー協会など公的機関の指導による様々な対策が実を結び、一時期の最悪な状況は脱しました。CBB発生以前の水準には及びませんが、エクストラファンシーなど上級グレードは比較的安定的に入荷が見込まれますので、ご希望のお客様はメールにてお気軽にお問合せください。 

「カウコーヒー(Hawaii Ka'u)」って、どんな豆?

ハワイコナ同様、ハワイ島マウナロア山斜面で生産される「カウコーヒー」が最近、急速に注目を集めています。ハワイ出身のオバマ大統領が2009年の大統領就任記念の晩餐会用に特別に選んだのがこの「カウコーヒー」。世界でも希少とされるハワイコナより更に生産量が少ないのですが、ここ数年各種カッピングコンテストで続々と上位入賞を果たし、ハワイを代表する新しいスペシャルティコーヒーとして、世界的な注目を集めています。

一昨年より販売開始しました『ハワイカウ(Ka’u)』は、お陰様で多くのお客様よりご好評を頂き、今シーズンも販売を継続いたします。カウ地区を代表する「カウコーヒーミル(KCM)農園」からの直送により、エクストラファンシー(Washed)のみの販売となります。 

~ビッグアイランド・コーヒーコネクション農園~       日本人がつくったコナコーヒーはいかがですか?

農園オーナーのMika & Kenny
農園オーナーのMika & Kenny

大自然の雄大さや穏やかで過ごしやすい気候、人々の 素朴な暖かさに惹かれてハワイ島のコナに移り住んで 25年。コナコーヒーの素晴らしさに魅せられ、約15年ほど前からコーヒー栽培を開始。はじめは試行錯誤の連続でしたが、毎年11月に開催される「コナコーヒーフェスティバル」のカッピングコンテストで2度

ファイナリストに入賞するまでになりました。

マイルドで柑橘系の酸味、キレの良さと重厚なボディが特徴のコーヒーです。ぜひ一度お試しください。

 

2年連続で「スペシャルティコーヒー」の公式認定を獲得。

ハワイ島のコナコーヒーだけでなく、カウアイ島や

マウイ島などハワイの主要なコーヒー農園が出品する

ハワイコーヒー協会主催のカッピングコンテスト。

初の出品にも関わらず「83.333点」のハイスコアを獲得した2012年に続き、翌2013年も「83.179点」の高得点を獲得、『スペシャルティコーヒー』としての公式認定を2年連続で授与されました。

 カッピングコンテストは『アメリカスペシャルティ

コーヒー協会(SCAA)』の規定により農園名を伏せた厳格なブラインド方式で行われ、「フレーバー」「アロマ」「口当たり」「酸味」「甘さ」そして「後味」 の各項目別に複数のジャッジが点数をつけ、「80点以上」を最高品質の『スペシャルティコーヒー』と定義しています。

 

シングルオリジン(単一農園)によるエステート生豆を現地農園から空輸で入荷しています。

混じり気のない、シングルオリジン(単一農園)による新鮮なエステート生豆を現地農園から空輸で仕入れ、お客様へお届けするというスタイルにこだわります。100%ピュアなコナコーヒー&カウコーヒーのニュークロップをぜひご検討ください。

 <Hawaii Local Time>